Copyright © Streamline Inc. All rights reserved.

パワーポイント資料作成代行サービス『バーチャルプランナー』

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・その他日本全国対応

【入門編】パワーポイントのフォントの設定①

最終更新: 2019年7月19日


「資料作成スピードを10倍にする!プロのパワーポイント資料作成マニュアル」第6回目は、パワーポイント資料で使うフォントについての解説です。

今回から2回に分けて、フォントの設定についてお伝えしていきます。

スライドのデザインテンプレートと同様に、フォントも汎用性が求められ、共通化したい要素の一つです。

全体の共通ルールを定め、資料ごとにフォントの種類や装飾がバラバラになることを未然に防ぐことで、フォント調整にいちいち手間がかからないようにすることが非常に重要になります。

1.フォントは原則一種類

読み手の読みやすさに配慮し、一つの資料で使うフォントは一種類に統一することが原則です。

まれに同じスライドの中ですらフォントが統一されていないパワーポイント資料を見かけますが、仕事の品質に対する感覚を疑います。

ただし、英数字や記号は例外です。

英数字や記号をより読みやすくするために、日本語用とは別のフォントを選択することは有効です。

また、できるだけ多くのパワーポイント資料でフォントの種類を統一してください。組織の中で統一化が図られていることが理想です。

過去に作成されたパワーポイント資料の一部をコピー&ペイストすることは頻繁にあります。

その際の変換の手間をなくすだけでも、積み上げていけば大きな効率化に繋がるのです。

2.視認性・可読性に優れたフォントは「メイリオ」「MeiryoUI」

本ブログでは、パワーポイントで通常使用するフォントとして「メイリオ」「Meiryo UI」を強くおすすめします。

「メイリオ」「Meiryo UI」は、Windowsの各OSに標準で搭載されており、視認性や可読性に優れたフォントとして人気があります。

「メイリオ」の方が広く使われていますが、テキストスペースのサイズによっては、平仮名やカタカナの横幅が狭い「MeiryoUI」が適している場合もあります。


3.既定のフォントとして設定

使用するフォントの種類が決まれば、設定を毎回しなくても良いように、スライドマスター機能で既定のフォントとして設定します。

スライドマスターを開き、各マスターで「フォント」→「メイリオ」を選択すると、デフォルトのフォントが「MSPゴシック」から「メイリオ」に変更されます。


「メイリオ」は英数字向けにもデザインされているため、英数字用のフォントも「メイリオ」としておくことをおすすめします。

ブログをご購読頂きありがとうございました。

パワーポイント資料作成にお悩みの際は、資料作成代行の「バーチャルプランナー」にお任せください!忙しいあなたの代わりにパワーポイント資料の作成を代行いたします。

#パワーポイント資料作成フォント