Copyright © Streamline Inc. All rights reserved.

パワーポイント資料作成代行サービス『バーチャルプランナー』

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・その他日本全国対応

【入門編】パワーポイントのフォントの設定②

最終更新: 2019年7月19日


「資料作成スピードを10倍にする!プロのパワーポイント資料作成マニュアル」第7回目は、パワーポイント資料のフォントの解説の続きです。

今回はフォントの表現について、ポイントをご説明します。

パワーポイントでは、フォントに対して様々な設定を行うことが可能です。

大きさを変える、色を変える、太字にする、斜体にする、下線を引く、取り消し線を引く、影を付ける、反射させる、光彩を放たせる等、選択肢はたくさんあります。

1.フォントの装飾は最小限に

まず、様々な設定が可能であっても、フォントの装飾は最小限に留めてください。

過度な装飾や統一性に欠ける装飾は、シンプルな資料の体裁を壊します。

パワーポイント資料のフォントは、強調等の何らかの意味合いを示したい時に限り、シンプルに装飾するというのが基本ルールです。

また、装飾のパターンが多過ぎると、読み手に重要度の違いが伝わらず混乱を招くため、パターンの数も最小限に留めることが大切になります。

本ブログでは、パワーポイント資料の装飾を以下の通り「太字」「下線」「大きさの変更」「色の変更」に限定することをおすすめしています。


2.フォントの大きさの目安

フォントの大きさに関しては、そのパワーポイント資料のサイズや用途によって適正な基準が異なります。

講演会や大きな会議室での投影の場合は、なるべく大きいサイズに設定し、一番後ろの方でも問題なく読めることが必須条件になりますが、配布が前提の資料であれば比較的小さいフォントを使用します。

パワーポイントの配布資料でプレゼンをする場合は、本文は12~16pt、強調するテキストやタイトルテキストは18~20pt、スライドの主張となるリードメッセージやまとめのテキストは24~40pt程度とするのが一般的です。

強調テキストは本文のサイズを基準とし、役割に応じて1.5~2倍とするのが適切です。


3.行間はやや広めに調整

パワーポイントのデフォルトの行間はやや狭く、そのままでは読みづらいため、行間を調整することが有効です。

以下の通り、倍率を1倍から1.2倍に変更するとテキストが読みやすくなります。


「ホーム」→「段落」→「インデントと行間隔」→「行間 倍数:1.2」という流れで、倍数の数字を変更することで調整が可能です。


ブログをご購読頂きありがとうございました。

パワーポイント資料作成にお悩みの際は、資料作成代行の「バーチャルプランナー」にお任せください!忙しいあなたの代わりにパワーポイント資料の作成を代行いたします。

#パワーポイント資料作成フォント